ヒアルロン美潤の特徴の一つとして、
ecm-eという物質が豊富、ということがあります。
これはなんなのか、ということについてお話します。


ヒアルロン酸をとるからには、
しっかり吸収されないと意味がありません。
保水力の高いヒアルロン酸がしっかり吸収されてこそ、
美肌効果を発揮できるのです。


そこでヒアルロン美潤では、分子量の小さい低分子ヒアルロン酸を使い、
身体への吸収を高めています。
ヒアルロン酸は通常は分子量が大きいため、
塗っても飲んでも吸収されません。
ここをヒアルロン美潤では解消しているのです。


しかも、ヒアルロン美潤では
ヒアルロン酸の形が変化する熱処理ではなく、
形が壊れない酵素法で低分子化を行っているので、
天然成分に近い形で吸収されるのです。


そして、ヒアルロン美潤では、
このように低分子化した成分を結合することで、
さらに吸収率をアップしています。
低分子ヒアルロン酸とムコ多糖、タンパク質を結びつけることで、
それぞれを単独で吸収するより、ずっと吸収率が高まるのです。
こうして結合した物質がecm-eです。


このecm-eは、ヒアルロン美潤唯一の特許製法です。
分子量2700以下のヒアルロン酸が73.1%を占めており、
分子量がとても小さいことが特徴です。


先着100名様のみ500円のヒアルロン美潤はこちら↓↓
ヒアルロン美潤